人を惹きつける話し方のコツ



聞き手を疲れさせないために

 

 

話の上手な人は、聞き手の負担をなるべく軽減するようなテクニックを持っています。そのひとつとして、今から話す内容をあらかじめ前置きしてあげるという方法があります。こうすることで、聞き手は事前に準備をすることができるために、話を理解しやすくなりますし、余計なエネルギーを使わずに済むともいえます。

 

例えば、今から話す項目が4つあったとしたら、話をする前に「これから4つのポイントについてお話します」などと前置きしてあげると、聞き手は非常に話を整理しやすくなり、理解しやすくなるのです。

 

逆にこういった前置きがない場合だと、聞いている方は次々に出てくる話についていくのがやっとになり、余計な神経を使うことにもなるでしょう。

 

また、話す文章というものをなるべく短くすることも大切です。そもそも長い文は聞いているだけで疲れます。接続詞を多用して、ひとつの文をだらだらと長く伸ばすことは避けたほうが良いでしょう。これは、意外に自分では気づかないことが多いようであり、一種の癖のようなものであるともいえます。

 

意識して、ひとつひとつの文を短く切るように心掛けるようにしましょう。そうすることで、聞いている側も聞き逃すことが少なくなり、話の内容もよく整理ができて理解しやすくなるでしょう。これも、相手を飽きさせないテクニックといえるものです。